診療科・部門・専門外来のご案内

小児科

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、繰り返す蕁麻疹などの小児期に見られる各種アレルギー疾患を対象とした診療を行っています。種々のアレルギー疾患ガイドラインに沿った標準的な医療を提供しています。また、食物アレルギーに対する負荷テスト実施やアナフィラキシー症状に備えたエピネフリン自己注射指導(エピペン®処方)なども行っています。
小児アレルギー外来の受診に際しては予約が必要です。あらかじめ、小児科外来までご連絡下さい。



繰り返すけいれん発作などの小児神経疾患、さらに乳幼児期の精神運動発達などの課題に、専門的な対応を行っています。さらに、近年増加する傾向が指摘されている発達障害に関する診療も行っています。精神運動発達に課題を持つケースについては、必要に応じて療育施設と連携をとって、対応して参ります。
初診時には予約が必要です。あらかじめ、小児科外来までご連絡下さい。

PDF提出書類:小児科への連絡票(記載例・様式)(エクセルダウンロード)



小児心身症や起立性調節障害、発達障害などを背景に学校や家庭生活における課題(たとえば、「なんとなく身体がだるい」、「朝になるとお腹が痛くなって、学校に遅刻してしまう」、「頭が痛くて、いつもしんどい」、「(学校やクラブのことを考えると)とても不安になる/心配になる」、「朝、起こしてもらってもなかなか起きることができない」、「夜、なかなか寝ることができない」など)を抱えている子どもたちの診療を行っています。
ゆっくりと時間をかけて、お話を伺い、身体的な疾患に関する検索と共に、心理的な要因、発達上の課題が関係して身体症状が出現している可能性も念頭において、丁寧な診療を行います。必要に応じて、臨床心理士との面談や発達評価、心理テストなども実施致します。
初診時には予約が必要です。あらかじめ、小児科外来までご連絡ください。また、出来る限り、医療機関や学校などからの紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。

PDFこどもの心の相談・発達相談問診票(PDFダウンロード)

PDF提出書類:小児科への連絡票(記載例・様式)(エクセルダウンロード)


肥満傾向(概ね肥満度20%以上)にあるお子さんを対象とした専門的診療を行っています。 肥満に伴う身体的・心理的な課題、成人期へのキャリー・オーバーの可能性について説明し、さらなる肥満増悪を予防する取り組みを行っています。肥満傾向にある子どもたちが劣等感を抱くことなく、肥満解消に向けた取り組みを継続できることを第一の目標に、子どもたちとそのご家族のやる気を引き出す言葉がけを心懸けています。発達障害や知的障害を背景に肥満を伴っている子どもたちにも積極的に対応しています。糖尿病や高血圧、睡眠時無呼吸症候群などの合併症に対する診療も行っています。
初診時には予約が必要です。あらかじめ、小児科外来までご連絡下さい。

PDF小児肥満外来問診票(PDFダウンロード)


低身長や思春期早発傾向など、小児期にしばしばみられる内分泌疾患について専門的な診療を行っております。必要十分な診察・検査を行ない、そのお子さんにとって最適な対応方法の選択を心がけています。「背の伸び」や二次性徴に関する悩みごと(周りの子よりも早くにおっぱいが大きくなってきた、早くに生理が始まった、逆になかなか「大人のからだ」への変化がみられない、など)があれば、お気軽にご相談下さい。
「小児内分泌外来」初診時には予約が必要です。あらかじめ、小児科外来までご連絡下さい。

PDF低身長問診票(PDFダウンロード)


長く咳症状が続くお子さんを対象に、その原因を特定し、症状を緩和するための専門的な診療を行っています。呼吸機能検査や気道炎症マーカーに基づいた気管支喘息診療も行っています。さらに、小児結核の専門的な診療も可能な医療機関として、結核接触者健診やBCGワクチン接種後コッホ現象などに対する診療も行っています。全国各地からの医療機関、保健所等からの小児結核に関する診療相談にも多数対応しています。
火曜午前の一般外来(予約不要)、月曜午後の「小児アレルギー・呼吸器外来」を受診して下さい(月曜午後の専門外来は予約が必要です)。また、結核に関するご相談は可能な限り、保健所や主治医の先生からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。



脳性まひなどにより重度の重複障害を抱える方々を対象とした医学的管理を行っています。てんかんの管理、筋緊張のコントロールのほか、食事摂取を含む栄養管理、安楽な呼吸を目指した呼吸管理など、全身の医学的管理に取り組んでいます。これらの方々を対象とした通所サービスおよび短期入所事業(それぞれ福祉サービス)にも取り組んでいます(療育指導室のホームページを参照してください)。



一般の乳幼児を対象とした予防接種のほか、ワクチン成分に対するアレルギーが疑われる例、先天性心疾患など、種々の基礎疾患を有するため、一般の医療機関での予防接種実施が困難な例に対しても積極的に対応しています。
未熟児・低出生体重で生まれたお子さんや先天性心疾患を持った赤ちゃんに対してRSウイルス感染の予防を目的に接種される「シナジス」の定期接種にも対応致します。
事前の予約が必要です。あらかじめ小児科外来にご連絡下さい。尚、基礎疾患を有するお子さんについては可能な限り、紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。



診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)