診療科・部門・専門外来のご案内

呼吸器外科

当院では、当科医師と呼吸器内科医8名、放射線科医と合同で、毎週1回、呼吸器疾患の症例検討会を行っており、それぞれの患者さんに最も適切な治療をお勧めできる体制を整えています。呼吸器疾患に関しては、総合病院にも勝る診療体制であると自負しております。また、毎月1回、近隣の開業医の先生方と当院医師で「南京都呼吸器画像カンファレンス」という症例検討会を開催しております。

①肺癌 当科では、肺癌患者さんに対して、胸の横に約4cmの切開創と小さな穴2か所を開けて、ビデオスコープの画面を見て手術をする完全胸腔鏡下肺葉切除術と肺区域切除術を積極的に行っています。術後の痛みが軽くなり、また、開胸創が小さいことにより高齢の患者さんの回復が早くなっています。最近8年間では肺癌症例の約7割に胸腔鏡下手術を行っています。
②自然気胸 自然気胸の手術では、胸腔鏡下に切除した肺の表面に生体内吸収性のシート(PGAシート)を貼ることにより、気胸の術後再発率を著明に減少させることに成功しています。胸腔鏡下の自然気胸手術では、以前は術後の気胸再発率が全国平均とほぼ同じ約8%でしたが、現在では1.7%に減少しています。吸収性シートを貼付した116手術症例中、気胸再発は2例のみです。
③炎症性疾患 過去20年間で膿胸45例、肺アスペルギルス13例、非結核性肺抗酸菌症25例の手術を経験しています。慢性炎症性疾患患者さんが多く集まる当院の特徴を生かして、炎症性疾患に対しても積極的に手術を行っています。
④気道ステント 手術とならんで、肺癌のために気管や気管支が狭窄し呼吸が苦しくなっている患者さんの気道に筒状の拡張性金属ステントを挿入して、気道を広げて呼吸状態を改善する気道ステント挿入術も当科で施行可能です。

    ●肺癌外来


呼吸器外科 医長
あさくら しょうじ
朝倉 庄志

 ●出身大学
  滋賀医科大学
 ●専門分野
  呼吸器外科、肺癌
 ●認定・専門医等
  日本呼吸器外科学会 指導医・専門医
  日本胸部外科学会 指導医
  気管支鏡 指導医
  日本外科学会 指導医・専門医
 



呼吸器外科 医師
おおしお まゆみ
大塩 麻友美

 ●出身大学
  滋賀医科大学
 ●専門分野
  呼吸器外科
 ●認定・専門医等
  呼吸器外科専門医合同委員会 専門医
  日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
  日本外科学会 専門医 


診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)