診療科・部門・専門外来のご案内

放射線科

放射線科では、主として他の診療科からの依頼により、CT・MRI・RI・一般X線(レントゲン)撮影・骨密度測定・血管造影等の各種画像の撮影および診断を行っています。さらに血管内にカテーテルを挿入して、腫瘍に直接抗癌剤を注入したり、喀血を止めたりする血管内治療も行っています。

地域医療連携

CT・MRI・RI・腰椎骨密度測定検査および診断については、近隣の病院や医院等の先生方にも活用していただけるように、地域医療連携室と協力して、予約を受けています。

ご希望の先生は下記にお電話ください。
TEL 0774-52-0065(放射線科)

■予約受付日時
平日8:30~19:00
土曜日9:00~12:00
■検査日時
CT・MRI
平日9:00~19:00
土曜日9:00~12:00
RI
火・木曜日9:00~16:00

当日、ご本人様は、診療情報提供書と健康保険証をご持参ください。

担当スタッフ

  • 日本医学放射線学会専門医医師:常勤1名、非常勤3名
  • 診療放射線技師:5名
  • 受付:1名

ページトップへ戻る

マルチヘリカルスキャンCT

装置の特徴
1.検査時間(撮影時間)が短い。

胸部検査では、通常で12秒の息止めで検査が行えます。

2.速く、広い範囲が撮影できます。

広い範囲を、1回の息止めでスキャンすることができます。


厚いスライス

薄いスライス

3次元画像

3次元画像
3.3次元診断が可能です。

容易に高精度な3次元画像を作成することが可能です。

ページトップへ戻る

骨密度測定 装置が新しくなりました

装置の特徴
1.腰椎、大腿骨頚部を測定

DEXA(Dual Energy X-ray Absorptiometry)法で容易に高精度な測定が可能です。

腰椎
腰椎
腰椎経過観察
腰椎経過観察
左大腿骨頚部
左大腿骨頚部
2.ベッドで寝ているだけ

痛みはありません。

3.検査時間が短い。

通常で約5分で検査が行えます。X線はごくわずかしか使いません。

ページトップへ戻る

CT(Computed Tomography)
X線とコンピュータを使用して、体の断層写真を撮ります。
MRIの写真 MRI(Magnetic Resonance Imaging)
強い磁石と電波とコンピューターを使用して、体の断層写真を撮ります。
25年4月より最新のMRI(1.5T)が稼働し、より鮮明な画像が提供できるようになりました。
断層写真
RI(Radio Isotope)
検査薬を注射した後、その薬が体内の目的とする所に分布した状態を撮像し、病気の有無を調べます。
骨密度測定DEXA(Dual Energy X-ray Absorptionmetry)
骨の強さの指標となる腰椎の精密な骨密度を測定します。骨粗鬆症の有無の診断や、治療経過の観察に役立ちます。
DR-X線TV
胃から大腸の造影検査や気管支、大腸の内視鏡検査、血管造影検査、血管内治療などに用います。
一般X線(レントゲン)撮影
胸部、腹部、骨などのX線撮影を行います。当院ではすべて、CR(Computed Radiography)システムによるデジタル画像で行っています。

診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

その他

部門

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)