診療科・部門・専門外来のご案内

神経内科

ニューロ パチーとは、手足の中を走っている末梢神経そ のものの 病気をいい、神経内科疾患の10%程度を占めるといわれます。原因は多彩で、神経自体に原因のある慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)やギラン・バレー症候群、遺伝性ニューロパチー、全 身 疾患の一部症状としておこるものとして糖尿病性神経障害、膠原病や血管炎によるニューロパチーなどが代表的です。


症状は、 筋力の低下や筋萎縮、感覚が鈍くなったり、し びれ痛み を生じます。それらが障害される神経の分布に応じて起こります。1本の神経だけに限局するものとして正中神経がおかされる手根管 症 候群では、手のひらのしびれや痛みがとくに夜間に強く起こります。また多数の神経が左右対称にしかも手や足の先ほど症状のつよい 多発 ニューロパチーでは、同部位の筋脱力やしびれを生じます。初期には足だけに症状が出現することも多くみられます。


特徴的な 症状の分布に加えて、筋電図や神経伝導検査、 血液検査などをくみあわせて行いますよく似た症状を呈する疾患と鑑別するために、脳や脊椎のMRI もしばしば行います。診断の困難な末梢神経疾患では髄 液 検査や神経生検を行うこともあります。神経生検とは、くるぶしのあたりで小手術によって細い腓腹神経という神経を一部取り出し、 詳細に 顕微鏡で調べる検査です。当科ではこの神経生検を多数の病院から依頼 を受けて行なっています。もちろん当科で入院していただいて行うこと も可能で す。
神経生検 のご依頼は、お電話またはメールにてお願いします。
     0774-52-0065(代表)
     okan@hosp.go.jp

参考著作:
神経筋の検査と症例診断 秋口一郎 岡伸幸 中野智 編著(金芳堂 2015)
カラーアトラス末梢神経の病理 岡伸幸著(中外医学社 2010)
臨床医のための末梢神経病理

 

ニューロ パチーでは治療可能な疾患がかなりあります。
CIDP や多巣 性運動 ニューロパチーでは大量免疫グロブリン療法を行います。またCIDP では経口 ステロイドや免疫抑制剤を用いる場合もありま す。
膠原病や 血管炎症候群では、元の疾患の治療が第1です が、ステ ロイドや免疫抑制剤、また大量免疫グロブリン療法が有効な疾患があります。
糖尿病では、それ自体の治療が第1ですが、痛みやしびれを緩和するため、抗うつ薬や神経性疼痛緩和薬などを用います。これらの治療薬 はその他の ニューロパチーのしびれにもしばしば有効です

診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)