診療科・部門・専門外来のご案内

病院でもらわれているお薬は、あなたの現在の病気に対して医師が処方したものです。
処方されたお薬は、指示されたとおりに服用しないと、効果の期待ができないばかりか、逆に予期しない症状があらわれる場合があります。

  • 服用中に何かいつもと違うと感じる事がある時、他のお薬を併用するときは必ず主治医または薬剤師に相談しましょう。
  • 主治医の指示なしに、自分の判断で飲むのをやめたり、ふやしたり、他の人に与えたり、別の病気に用いないようにしましょう。
  • お薬の保管は、 湿気、高温、直射日光を避け、子供さんの手の届かないところに保管しましょう。
  • 古いお薬は服用せず、余ったお薬は薬局に戻すようにして下さい。

では、お薬の正しい使い方について考えてみましょう。 


一般に、食事の時間は、お薬を服用する場合の目安として用いられます。しかし、一部のお薬において、その働きと効果にとって、食事は重要な関係にある場合があります。医師が処方せんで示した時間を守ることが大切です。
              ○ :食事をする15~30分前
              ○食直前:食事をする直前
              ○食 :食事が終わって15~30分後
              ○食 :食事が終わって2時間程度経過したころ

お薬を服用するときの注意
○一般に、お薬を服用するときは、充分な量の水またはぬるま湯で服用してください。
 水なしで服用すると、お薬が溶けにくくなり効果が充分得られな
 いばかりか、胃や食道に悪い影響が出る場合があります。
○一般に、錠剤、カプセル剤は様々な設計が施されています。
 服用するときにむやみに噛み砕くことは、お薬のはたらきが強く
 なってしまうなど、危険性が高まることがあるのでやめましよう
みず薬は沈殿していることがあるので、服用前に容器をよく振っ
 てください。また、お薬が汚染されてしまうので、容器に直接
 口をつけて服用しないでください。
目薬は、直接目に触れないように点眼してください。


乳幼児の手の届くところにお薬を保管することは絶対にやめてください。
○お薬は、熱、光、湿気の影響を強く受けますので、このような場所で保管はしないで
 ください。
○お薬の袋やラベルに「冷所保管」と注意書きのあるものは、冷蔵庫の中で凍らない
 場所を 選んで保管してください。
のみ薬とぬり薬や目薬は間違わないよう区別して保管してください。また、お薬では
 ない 他のもの、例えば農薬や殺虫剤などとは一緒に保管してはなりません。
○お薬はほかの容器に移し替えてはいけません。1回に使用する量や使用回数が不明に
 なるばかりか、お薬の使用期限なども分からなくなってしまいます。


お薬の吸収
お薬は体の中でどう働くのでしょうか。お薬がその働きを発揮するためには、体内に吸収され効果を示すところへ届くことが必要です。あたりまえのように思いますが、これがなかなか難しい。お薬の開発で、とても苦労するところ・・・でもあります。
お薬の吸収は、投与経路(内服、外用、注射など)によって、またクスリの性質によってさまざまです。のみ薬の場合、大部分は小腸から吸収され、肝臓を通って(一部、分解されて)、血液等の流れに乗り全身に運ばれます。坐薬は直腸の粘膜から吸収され、肝臓を通らずに血中へ入ります。ですから、一般的に坐薬の方が早く効きます。注射薬は、直接、血液中にお薬を入れますから、さらに早い効果が得られます。


お薬の分解
お薬は体の中でどのように分解されるのでしょうか。お薬が吸収されて体の中に入り効果が出ると同時に、体はお薬を変化させて体の外に出そうとします。このような変化はお薬に限らず、食べ物なども含め、どのような物質にもあてはまります。
お薬の作用時間は、その吸収と分解・排せつのバランスから決まります。吸収を遅くさせるために、スポンジのようなものにお薬をしみこませ、徐々に溶け出すように作られたものや、お薬の構造に手を加えて、徐々に分解されるようにデザインされたものなど、1日1回だけ飲んで効くタイプのお薬は、いろいろな工夫をして、長い時間効くように設計されています。


目薬は1滴で充分でしょうか?
目薬は一滴で十分でしょうか。目薬は涙と混ざり合った後、主に角膜(かくまく)をとおって目の中にしみこんでいきます。1滴の目薬の量は約50μL(マイクロリットル:ミリリットルの1000分の1)です。結膜嚢(けつまくのう)にためておける水の量は30μLですが、結膜嚢には常時涙液が7~10μLありますから、目薬を使ったとき、ためておける目薬の量は20~23μLとなります。
つまり、目薬1滴の半分近くは結膜外にあふれるか、あるいは涙点からすい込まれて、涙小管→涙嚢→鼻涙管をとおって鼻から喉へ出てきます。また、目薬を何滴点眼しても、目薬の効果は変わりません。1回の目薬の量は1滴入れば十分で、目薬を1滴以上使うことは意味がないこととされています。
(画像:慶應義塾大学病院HPより引用)


医薬品医療機器総合機構(PMDA)が専門家でない一般の皆さんを対象として公開している情報が掲載されているページにジャンプします。お薬や医療機器についてその働きや副作用などが分かりやすい言葉で書かれています。下のアドレスからお入りください。
[ご利用に当たってご注意ください]
★ホームページで提供している情報は、専門的な情報が含まれています。これらの
情報をご覧になって、使われている医薬品・医療機器について疑問などを持たれ
た場合には、医師・歯科医師または薬剤師に必ずご相談ください
 
医療用医薬品・医療機器は、患者ご自身の判断で用いたり、中止したり、医薬品の
 用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、ご注意ください

    医薬品医療機器総合機構 一般の皆さん向け医薬品情報ページ
http://www.info.pmda.go.jp/ippan.html


南京都病院の呼吸器内科では、病気の症状にあわせて多くの吸入薬を使用しております。
吸入薬はそれぞれの製品ごとに特徴的な使用方法(=吸入手技)があります。また、それぞれの吸入手技が正しく行なわれないと、期待される治療効果が得られない可能性があります。さらに、不完全な吸入手技を行った結果、思わぬ副作用を生じることもあります。
ここでは、吸入薬の習得していただくための参考として、それぞれの吸入手技の動画を集めておりますのでご利用ください。

お薬の名前のをクリックしてください。
製薬企業が提供する使用法解説動画がごらんになれます。

医薬品名 メーカー
アドエア100、250、500ディスカス60吸入用 GSK
サルタノールインヘラー GSK
セレベント50ディスカス GSK
フルタイド50、100エアー GSK
フルタイドディスカス GSK
リレンザ GSK
シムビコートタービュヘイラー60吸入 アストラゼネカ
パルミコート200タービュヘイラー アストラゼネカ
パルミコート吸入液0.25mg アストラゼネカ
メプチン吸入液ユニット 大塚
メプチンクリックヘラー10μg 大塚
イナビル 第一三共
キュバール100エアゾール 大日本住友
オルベスコ200μgインヘラー156吸入 帝人
オルベスコ50μgインヘラー112吸入 帝人
オンブレス吸入用カプセル150μg ノバルティス
シーブリ ノバルティス
スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入 ベーリンガー
スピリーバ吸入用カプセル18μg ベーリンガー

診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)