診療科・部門・専門外来のご案内


これらの性状・内容分析・内包する細胞形態などを観察し、生体内の生成物や副産物、組織破壊に因る漏出物などを測定しています。

細胞計数・凝固関連成分分析・血液細胞形態観察などが中心で、凝固(血液が固まる過程、あるいは能力)や線溶(体内に血液の塊が出来ている可能性)、血液中の白血球数や赤血球数などの計測をここで行います。

検査材料に含まれる化学反応で測定できる物質を調べます。測定するものには、血糖や蛋白、血液中の酵素やミネラル等といった生体内で未使用の物質や、生成物や副産物、組織破壊に因る漏出物などがあります。

主に血液中に含まれる抗原抗体反応で測定できる物質を調べます。炎症関連のものや感染症関連するもの、腫瘍細胞などが産出する物質や関連物質で、悪性細胞の存在を示唆するものなどもここに含まれます。

血液型や不規則抗体など、輸血に関連する検査を行います。



診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)