診療科・部門・専門外来のご案内


①心電図・負荷心電図検査

心電図検査は、心臓が動いている時に出る微弱な電気を、胸と手足に付けた電極 から捉えた波形を記録します。脈の乱れ(不整脈)、胸の痛み(狭心症)などの原因や病気の診断のために調べます。

負荷心電図検査は、安静時の心電図を記録した後、一定時間踏み台をリズムに合わせて上り下りし、運動前後の心電図波形の変化を見ます。

狭心症の有無やお薬の効き具合などを調べます。

②ホルター心電図検査

シールの電極を胸に貼り付け、小型の記録機で24時間の心電図を記録します。日常生活の中でどのような不整脈が出ているか、また胸が痛い時に心電図の変化がどうかを調べることができます。検査中は主な行動(就寝、起床、食事、トイレ、仕事、症状など)を記録(メモ)していただきます。


小さな電極を頭皮にたくさん貼り付けて検査をします。脳から出る微弱な電気変化を波形として記録し、脳の活動状態やてんかんなどの診断、治療効果の判定に役立てます。

  (検査時間は1時間程度)


肺・気管支などの状態や働きを調べる検査です。
息を大きく吸い込んだり、吐き出したりします。
この検査は最大限に努力した状態をみますので、
何回か同じ検査を行っていただくことがあります。

(検査時間は検査の種類によって10分から30分程度)  

PSG検査(終夜睡眠ポリグラフ)は、睡眠中の呼吸状態などを正しく診断するために必要な検査です。夜間どのように眠られているか総合的に見るために、脳波、心電図、鼻と口の息の流れ、血液中の酸素飽和度、胸や腹の呼吸運動、眼球の運動、筋電図、いびきの音、睡眠姿勢などを検知するセンサーを装着し、一晩寝ていただきます。からだに様々なセンサー類を装着しますので、動きづらい等の多少の違和感はありますが、痛みはありません。寝ている間に記録された結果は、当院では医師及び技師が解析を実施し判定しています。
この検査で記録された結果より、眠りの深さ、睡眠障害の程度、無呼吸/低呼吸の有無と重症度、脈拍の変化、睡眠中の体位による変化などを解析し、診断をします。簡易検査で調べる無呼吸の有無やその頻度だけでなく、睡眠の状態、睡眠と呼吸との関連などを詳しく調べることができる検査です。

 

診療科・部門・専門外来のご案内

診療科・部門・専門外来のご案内 TOPへ

診療科

内科系

外科系

専門外来

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)