診療科・部門・専門外来のご案内

看護部長挨拶・看護部紹介

看護は、おひとりお一人への「健康」へ向かっての支援です。私たちは、より質の高い看護に向けて日々、努力を重ねているところです。

写真:看護部長

当看護部は、看護単位8単位(病棟6単位、外来・手術室2単位)で、呼吸器疾患、神経・筋疾患、重症心身障害をもつ患者さまへの専門看護を主として、消化器疾患、長寿医療、成育医療等に関する看護を担っています。

看護部長室では、看護部長・副看護部長、専任の医療安全管理担当看護師長・地域医療連携看護師長そして教育担当看護師長と共に、病院・看護部の理念・目標に向かって、活動を行っています。

私たちの熱い思いは、

患者さまへの援助
私たちは、患者さまの生命力の消耗は最小限に、持てる力は最大に発揮できるよう、患者さまの生活過程を整え、その人が自分らしく自立した生活が送れるよう、懸命に心を込めて援助致します。
看護職員の心構え
私たち自身が健康的に、専門職業人としての自覚をもとに能力の開発及び向上を図り、自信と誇りを持って看護業務に発揮できるように、共に、努力致します。
新人(任)看護職員となられる皆さまへ
私たちはお約束します。「一人で悩ませません。」「急がせません。焦らせません。」「ひとつ一つ、丁寧に説明します。」「一人でできるまで、見守ります。」そして、共に、成長致しましょう。

平成29年度 看護部目標

  1. Ⅰ.看護の質向上と地域連携強化
    1. 根拠に基づき患者の視点に立った個別性のある看護を実践する
    2. チーム医療の充実を図る
    3. 安全行動の定着を目指す
    4. 質の高い人材を育成する
  2. Ⅱ.病院経営への積極的な参画
    1. 障害者病棟7:1施設基準の確実な取得を目指す
    2. 一般病棟入院基本料、加算の維持と結核病床ユニット化後の効率的な運営を目指す
    3. むり、むだ、むらをなくし適切な物品管理を行う
    4. 業務の効率化及び経費削減を図る
  3. Ⅲ.地域、患者・家族の満足度の向上と、働きやすい職場作り
    1. 専門医療施設として、院内・外への情報発信ができる
    2. 療養環境の整備を行い、快適な療養の場を提供する
    3. 職務満足度の向上を図り、魅力ある職場を作る