診療科・部門・専門外来のご案内


病棟案内

重症心身障害児(者)病棟

 

西病棟1階(60床)

当病棟は日常生活援助や療育を中心とした重症心身障害児(者)病棟です。動くことのできる患者さんや人工呼吸器での管理が必要な患者さんなどさまざまな方がおられます。言語的コミュニケーションをとることが困難な患者さんが多い中、表情や些細な変化など患者さんが発するサインを見逃さないようにし、心地よく生活していただけるような看護を実践しています。また、在宅支援として短期入所の受け入れも積極的に行っています。

西病棟1階
西病棟2階(60床)
人工呼吸器管理や経管栄養管理を必要とする医療的ケアが中心の病棟です。ほとんどの患者さんが自ら不調を訴えることはできません。私たちは患者さんの些細な体調の変化も見逃さないように専門性の高い観察を行っています。また、多職種と連携し呼吸管理の質の向上に努めています。
日々の療育や誕生会、季節ごとの行事、遠足への参加支援を行うことで入院生活を楽しく過ごして頂けるようにしています。また、在宅支援として呼吸器を装着された方の短期入所の受け入れも行っています。
西病棟2階

慢性期病棟(神経内科、重症心身障害者)

 

西病棟3階(60床)
当病棟には、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病などの神経難病や、アルツハイマー型認知症や脳梗塞後遺症などの疾患を持っている患者さん、重症心身障害者の患者さんが入院されています。
日常生活やコミュニケーションが困難な患者さんが多く、患者さんの思いやニードを汲み取り、患者さん一人ひとりに合わせた援助が実施できるよう看護を行っています。
患者さんが安心して治療や検査を受け、長期にわたる療養生活を送れるように、皆で力を合わせて頑張っています。

看護の様子
西病棟3階

※写真の掲載についてはご本人ご家族に了承を得ています

ページトップへ戻る

慢性期病棟(呼吸器内科・小児慢性・神経内科)

 

西病棟4階(60床)
慢性呼吸器疾患を持つ患者、慢性小児が入院する病棟です。呼吸器の患者さんには、呼吸器疾患を持ちながらもより良い生活ができるように、患者さんに合わせた日常生活援助や呼吸介助、退院後の生活を見据えた関わりを行っています。また慢性疾患を持つ小児には、多職種、隣接する支援学校と連携を密にし、患者さんの発達、患者さんの背景に応じた関わりを行っています。
西病棟4階

※写真の掲載についてはご本人ご家族に了承を得ています

ページトップへ戻る

急性期病棟(呼吸器科・呼吸器外科・内科・小児科・ 消化器科・神経内科)

 

西病棟5階(60床)
西病棟5階は、呼吸器疾患の患者さんを中心に、 小児や成人期、老年期など幅広い年代の患者さんが 入院されています。患者さんが安心して検査や手術、 内科的治療を受けられるよう看護を行っています。 また、入院早期から多職種と連携し、退院後の 生活を考えた調整を行っています。
西病棟5階
苦痛のある患者さんには、緩和ケアチームと連携し少しでも症状緩和が出来るよう、また、在宅療養をされる患者さんには地域連携室と協力し積極的に退院支援に取り組んでいます。
西病棟5階

病棟では、四季折々の飾りつけやイベントを行い、少しでも気分転換が図れるような取り組みも行っています。
西病棟5階

ページトップへ戻る

結核病棟(呼吸器内科)

 

東病棟(50床)
結核に感染し排菌している患者さんが入院される感染症病棟です。看護師はN95マスクを着用しています。患者教育、DOTS(直接服薬確認治療)、退院支援に力を入れています。結核の入院は1~2ヶ月以上の長期入院となります。日々の看護の中で患者さんとの信頼関係を築きながら服薬完了を目指して頑張っています。
東病棟

ページトップへ戻る

手術室

 

手術室では消化器外科・呼吸器外科の手術を主に行っています。
術前から術後までの受け持ち制をとり、患者さんが安心して手術を受けられるように支援しています。
また、内視鏡検査の介助も担当し、手術同様、患者さんが安心して検査が受けられるように支援しています。syujutusitu


外来

当院の外来は、14診療科を標榜しており、その中でも、慢性呼吸器疾患や神経難病の方が多く来院されています。睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来では呼吸補助装置による治療、禁煙外来においては、計画的指導と薬剤治療による卒煙サポート、腫瘍外来では、外来化学療法の支援を行っています。又、小児科では、予防接種、アレルギー外来、肥満外来、こころとからだ、小児神経発達の専門外来を行っています。地域連携室や病棟・訪問看護とも連携を取りながら、生活指導・支援に力を入れています。
外来




※写真の掲載についてはご本人ご家族に了承を得ています