当院は、昭和14年2月に傷痍軍人京都療養所として設立されました。昭和20年12月に厚生省に移管し国立京都療養所となり、広く国民医療を担当する施設として再発足しました。

昭和44年からは4年間で重症心身障害児病床120床を設置、昭和50年4月には国立療養所南京都病院に名称変更しています。

その後国民医療の質的、量的な変化に伴い、政策医療推進のため、平成16年4月1日より国立病院、療養所が新たに独立行政法人国立病院機構として一つの組織の元に再スタートを切りました。

当院は、結核はもとより、非結核性呼吸器疾患(肺がん、呼吸不全、喘息、慢性気管支炎等)、重症心身障害、小児慢性疾患、神経・筋疾患、長寿医療、慢性肝疾患、脳卒中リハビリ並びに一般疾患の診断と治療を主体とした診療機能を持ち、専門性を生かした高度医療の充実を図っています。


当院では下記の医療行為について、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している旨、近畿厚生局長に届け出ている保健医療機関です。


入院基本料
  • 障害者施設等入院基本料 7対1 (西1階病棟~西4階病棟)
  • 一般病棟入院基本料  10対1 (西5階病棟)
  • 結核病棟入院基本料  10対1 (東病棟)

入院基本料加算
  • 救急医療管理加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 強度行動障害入院医療管理加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 退院支援加算2
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • 病棟薬剤業務実施加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 看護必要度加算3
  • 急性期看護補助体制加算 50:1
  • データ提出加算1
  • 地域加算(6級地)

医学管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 小児科外来診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • がん治療連携指導料
  • がん患者指導管理料1
  • がん患者指導管理料2

検査
  • 検体検査加算Ⅰ
  • 検体検査加算Ⅱ
  • 時間内歩行試験
  • 神経学的検査
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • ヘッドアップティルト試験

リハビリテーション
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 障害児(者)リハビリテーション

その他
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 画像診断管理加算2
  • CT撮影(16列以上64列未満のマルチスライス型の機器)
  • MRI撮影(1.5テスラ以上3テスラ未満)
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 肺悪性腫瘍手術等
  • 肝切除等
  • 食道切除再建術等
  • 入院時食事療養費Ⅰ
  • 食堂加算
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
  • 在宅療養後方支援病院
  • 胃瘻造設術
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)

  • コンピューター断層撮影装置(マルチヘリカルスキャンCT)
  • 磁気共鳴コンピュータ断層撮影装置(MRI)
  • 放射性同位元素診断装置(ガンマーカメラ)
  • X線テレビ装置
  • 骨密度測定装置
  • 内視鏡ファイバースコープ(胃・気管支・大腸)
  • 内視鏡手術装置
  • 超音波診断装置
  • 終夜睡眠ポリグラフ装置
  • 磁気刺激装置および筋電計
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本気管支学会認定医制度認定施設
  • 日本胸部外科学会認定医制度関連施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本感染症学会専門医研修施設
  • 日本呼吸器外科学会専門医制度認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本神経学会教育施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST稼働認定施設
  • 呼吸器外科専門医認定機構関連施設
  • 放射線科専門医修練協力機関

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)