このたびは当院ホームページをご覧いただき有難うございます。
南京都病院は、全国143施設からなる国立病院機構(National Hospital Organization)の一施設で、京都奈良の都の中間、歴史と自然環境に恵まれた山城・綴喜の里に立地しています。
当院は国立病院機構が掲げる「政策医療」を中心にした、一般急性期病院では対応が困難な疾患・障害を対象にした診療を行っています。旧国立療養所時代からの結核診療を始め慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸器疾患(結核は京都府の拠点施設)、パーキンソン病やALSなどの神経難病、認知症など長寿医療に取り組んでいます。また重度の知的・身体障害を併せ持つ方達への重症心身障害医療や、隣接する京都府立城陽支援学校と連携して支援教育と共に医療的対応を必要とする小児慢性疾患や発達に関する様々な課題を抱えた小児などの専門的医療機関として、診療・臨床研究・教育および情報発信を積極的に行っています。さらに神経難病や重症心身障害、在宅酸素・慢性呼吸不全などで在宅療養をしておられる方達のセーフティーネット機能としてレスパイト・短期入所受け入れなど積極的に担っています。
また公的病院の責務として当院の専門性を地域に発信していくため、教育、福祉や保健行政とも連携し多くの研修会にも取り組み、地域連携室を充実して在宅支援機能も強化しています。

2年前には一般病棟の新築移転も完了し、MRIや最新のγ(ガンマ)カメラなども更新し診療に必要な高度医療機器を揃え、地域の医療機関にも広く共同利用を頂いております。

さらに医療や療養環境の改善の為、外来、手術棟や結核病棟の新築に向けて第二期改善計画を作成中です。
なお、ご不明な点がございましたら、お気軽に当院地域医療連携室にお問い合わせください


ひきつづき地域の皆様から信頼され頼りになる病院運営に努めて参ります。よろしくお願い申しあげます。

 

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)