写真:南京都病院で使用しているEMSの機械
南京都病院で使用しているEMSの機械
写真:実際にEMSを大腿につけているところ
実際にEMSを大腿につけているところ

EMSとは、“Electrical(電気的) Muscle(筋肉) Stimulation(刺激)”の略です。微弱な電気による刺激で筋肉を収縮させることで、筋肉を鍛えます。

一般的な筋力トレーニングは、腕立て伏せや腹筋運動・スクワットなどといった強い運動で筋肉に負荷をかけることでその筋肉を鍛えます。

しかし呼吸する力が弱い患者さんや高齢の方では、通常の筋力トレーニングだけで筋肉を増強しようとすると内臓に負担がかかり過ぎることがあります。

南京都病院ではEMSの筋肉を鍛える効果に着目し、通常のリハビリにEMSを加えることにより、体への負担をなるべく抑えながら、より効果的に筋力増強できるようにしています。

通常のリハビリにEMSを加えることの効果は、海外でも広く報告があり、呼吸器に障害のある患者さんの筋力や呼吸困難を大きく改善すると言われています。

※参考文献:Thorax 2002; 57:333–337、Chest 2006; 129:1540–1548

外来診療について

詳細はこちら

受付時間
月曜日~金曜日(休診日を除く)
午前 8:20 ~ 11:00まで
休診日
土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)

急患の方は事前に電話連絡をお願いします。
電話:0774-52-0065

面会について

詳細はこちら

終日/午前 11:00 ~ 午後8:00まで
(平日・休診日とも)